展示会のノベルティには何が良い?オリジナルエコバッグのすすめ

多くの顧客が一堂に会する展示会は、企業やサービス、商品などを売り込む絶好の機会です。だからこそPRにも力を入れたいところですが、定番のプロモーションとしてノベルティを活用するケースが多いです。様々なグッズがある中、おすすめなのがオリジナルエコバッグです。

手軽に作製でき、贈って喜ばれる人気のノベルティとなってくれるでしょう。

展示会にノベルティを用意するメリットって?

展示会には多くの企業が参加しますが、必ずしもノベルティが用意されるわけではありません。しかしながらノベルティの配布にはメリットが多く、展示会での効果的なPRを後押ししますし、特にオリジナルのエコバッグはコストに見合った働きをしてくれるはずです。

どんな効果に期待ができるのか、次にまとめていきます。

存在を覚えてもらいやすい

オリジナルエコバッグは、アピール力に優れているのがメリットです。エコバッグの武器とも言えるのがその大きさで、目を引きやすいサイズのために企業や商品などを大々的に宣伝することができます。デザインの自由度も高いグッズですので工夫がしやすく、独自性を詰め込むことで印象に残りやすいですし、存在を覚えて会場を後にしてもらえばノベルティを作った甲斐もありますよね。

ボールペンやティッシュなども人気のグッズですが、存在感で言えば圧倒的にエコバッグは優位性があり、視覚的にしっかりと訴えかけてくれることでしょう。

実用による宣伝効果に期待ができる

エコバッグは物を入れるためのアイテムですので、例えば展示会の会場でパンフレットや資料などを入れて使ってもらえるほか、買い物をする際にも活用をしてくれるかもしれません。

使用をしてもらえることで様々な場所での宣伝となりますし、目を引くオリジナルデザインほど注目度も高まるはずです。また、デザインが会話のきっかけにでもなれば、そこから宣伝効果が広まっていくことにも期待が持てます。

特にエコバッグは昨今、需要が伸びている存在であり、活用シーンも多いことで、ノベルティ本来の効果を最大限に発揮するのではないでしょうか。

興味を持ってもらえるきっかけづくり

ブースに人が寄ってきてもらえてこそ、展示会に参加する意義があるというものですが、必ずしも興味を持ってもらえるとも限りません。せっかく出展をしても閑古鳥が鳴くケースも珍しくなく、期待をするほどの成果に繋がらないこともあるものです。

そこで活用されるのがノベルティですが、エコバッグを貰えるとしたら、ブースに興味を持つ人も増えるのではないでしょうか。どこでも配っているようなありきたりなアイテムですと、積極的に欲しがる人も少ないですが、今や生活に欠かせないエコバッグは重宝される存在ですので、立ち寄ってくれる人も増えるかもしれませんね。

話しを聞いてもらいやすくなる

ノベルティ配布をきっかけに、話しを聞いてもらえるケースも多いです。受け取った側は、貰った手前という心理も働きやすく、とりあえず説明だけでも聞いてもらえることもありますし、アンケートへのお礼という形で配布をすれば、喜んで協力をしてくれる人も増えるかもしれません。

また、人が集まっているブースは周りの興味を惹きやすいです。人が人を呼ぶためにまずは集客をすることが大切で、オリジナルエコバッグがその足掛かりとなってくれる可能性も十分にあります。

作製におけるポイント

オリジナルエコバッグは単に作れば良いわけではありません。貰い手の心理も考慮した作製が大切です。次のようなポイントを踏まえたノベルティを心掛けるのがおすすめです。

デザインに気を配ろう

ノベルティは、オリジナル性を打ち出すことができるのがメリットのひとつであるものの、その一方では、デザインのセンスが問われる難しさがあることを理解しておきましょう。デザインがあまり目立たないボールペンや、消費が早いポケットティッシュなどは、見た目がそれほど重視されませんが、面積の大きいエコバッグは、その姿によって印象が大きく違ってきます。

使用が憚られるようなロゴや、企業名がでかでかと入っているだけのデザインなどは、扱いづらく感じさせることもありますので注意も必要です。逆に、センスを感じさせるオリジナルエコバッグなら、洗練された印象を植え付けることができますし、ユニークな企業や商品として記憶に残りやすくなるかもしれませんよ。

素材や形状も大切

エコバッグを作製する際には、素材も数種から選択することができます。コットンや不織布、ポリエステルなど、複数の中から選べますが、どの素材を用いるかによって見た目の印象は違ってきますし、ひいては貰う側の心理にも影響を及ぼすでしょう。

いかにも宣伝のためだけに作製したチープな物ですと、あまり強く興味を惹けない可能性が高まります。逆に素材がしっかりとしている物は、企業としての意気込みまでも感じさせ、訪れる人に興味を持ってもらえるきっかけにもなるのではないでしょうか。

併せて形状についても配慮をしたいところです。エコバッグには色々なサイズや形がありますが、その選択によっても受け手の印象が違ってくることがあります。使用シーンが限定されそうなサイズ感だったり、マチのないデザインで使いにくそうな物だったりすると、持ちたい欲求も芽生えず効果的には興味を惹けないかもしれません。

ノベルティである前に、あくまでもエコバッグですので、実用性の面にも気を配った形状のチョイスが求められます。

オリジナルで作ると高い?

予算が限られており、ノベルティに割ける金額が決まっていることも多いはずです。オリジナルエコバッグに掛かるコストも気掛かりですが、一枚あたりの単価としては、500円前後をひとつの目安として持っておくと良いでしょう。

オリジナルで作る場合、エコバッグ自体の価格に、版代やプリント代などが上乗せされますので、おおよそこのくらいの価格が予想されます。リーズナブルなエコバッグを選んだり、ロット数を多くしたりすると単価を下げることも可能なため、予算に応じた作製プランを練ることができるでしょう。

オリジナルエコバッグで展示会を盛り上げよう!

できることなら展示会を成功に終わらせたいものですが、もしかしたらその鍵を握るのはノベルティかもしれません。自由にデザインを作れるからこそセンスも試されますので、貰う側の心理も踏まえながら、喜ばれそうな一品を作るのがポイントです。

オリジナルエコバッグでたくさんの集客を実現し、効果的な宣伝活動に役立てましょう。